令和2年度研究報告会

開催要領


 ・HSIモデルによるビンナガ漁場予測  →(スライド集はこちら)
 ・植食性魚類の食害圧が高い海域でのウニ駆除による大型海藻回復の試み  
                          →(スライド集はこちら
 ・ブリ類主要疾病に関する研究       →(スライド集はこちら)

 ・カンパチ人工種苗の現状について    →(スライド集はこちら)

課題発表(口頭予定者分)
ポスター発表
・鹿児島県海域におけるモジャコの来遊状況とブリ産卵海域周辺の水温動向
・県西部海域のヒラメ漁獲量とカタクチイワシ対馬暖流系群資源量の関係
・漁業調査船を用いた新漁業用海底図の作製
・漁業調査船「くろしお」(二代目)の建造
・養殖ウナギの放流実態調査
・指宿市二反田川におけるシラスウナギの来遊状況の把握
・令和2年の赤潮の発生状況
・赤潮被害防止対策技術の開発(中層散布試験)
・カンパチ輸出鮮度試験
・県内内水面漁業・養殖業における主な魚病          
・イワガキ種苗量産技術開発
・スジアラ種苗生産技術開発
※スライドのアップは令和3年3月末までとさせていただきます。何とぞご了解ください.